ラ モンティーナ
(La Montina)

1987年ヴットリオ、ジャクカルロ、アルベルトのボッツァ家3兄弟によって設立されました。
ラ・モンティーナは畑の所有者であったローマ法王パオロ6世を祖先に持つブレーシャ件の
貴族、ベネテット モンティーナの名に由来します。
フランチャコルタの異なる7地域に約72ヘクタールの土地、地下には7450㎡のカンティーナ
がございます。モンティーナのフランチャコルタはフランチャコルタ協会の厳格な世界的な
規律に従い、中世期の製造方法「メトード クラシコ」によってつくられております。

①葡萄はシャルドネ、ピノピアンコ、ピノネロのみを使用。
②収穫は 機械を一切使わず良質なブドウのみを手摘みで丁寧に収穫。
③圧搾は繊細で柔らかく圧搾できるイタリア国内でも珍しい垂直式圧搾機を使用。
葡萄の風味や品質を損なう越さなくブドウの美味しさをそのまま搾ることができます。
④発酵及び熟成 第二次発酵は瓶の中でゆっくりと発酵、熟成させるため、法的基準が最低
でも18ヶ月のところをモンティーナは24ヶ月以上の熟成を行っております。

私たちのフランチャコルタ

私たちのワインの完全なラインを発見してください

Franciacorta Brut

Franciacorta Rosè Demi Sec

Franciacorta Satèn

Franciacorta Millesimato Brut

Rosso dei Dossi

Bianco Palanca

X